AirDrop痴漢!?iPhoneを利用した新たな痴漢犯罪が発生中?痴漢対策とは??

AirDrop痴漢!?iPhoneを利用した新たな痴漢犯罪が発生中?痴漢対策とは??

Apple社製品ユーザーは要注意?

最近Twitter上で話題となっている「AirDrop痴漢」という言葉を見つけしまいました。

なんぞや?その痴漢?笑笑

と思いましたが、痴漢は痴漢なので被害者にはなりたくないですよねー。気持ち悪い。

AirDrop痴漢を単純に言うとiPhoneやiPadを触っていると急に知らない人から卑猥な画像が送られてくるというもので、その反応を見て犯人は被害者の反応を見たり、被害者の名前を特定するという悪質な痴漢です。

これはApple社製のiPhoneやiPadに備えられたAirDropという機能を利用した痴漢で、AirDropを知らない人はなにそれ?ってなるかも知れないですね。

AirDropはiOS 7 以降に導入された新機能でWi-fiやBluetoothを利用して(範囲約9メートル以内)デバイス間でファイルやデータを共有することが出来るようになります。このAirDropを利用して、画像や動画を他の人に送ることが可能なのです。

要するに近くの人の携帯に画像や動画を送る事が出来る機能ですね。

AirDropで送るられてくる画像は受信側には画面上プレビューとして表示され「この画像を受け取りますか?」と出るので受信拒否することは可能ですが、プレビューとして表示されてしまっているので実質自動的に閲覧してしまう事になります。

送信側の名前は表示されますが、表示される名前の変更は可能なので匿名を使って送る事でき、受信側の名前は犯人である送信側に表示されるので端末の名前に本名を乗せていると犯人に名前を特定されてしまいます。

対策

まずは根本的な対策ですが、AirDropの機能を必要ない時は使えなくする!

それか、知り合いとだけしか利用できないようにするのが1番ですね。

iPhoneの場合だとこんな感じです。

「設定」画面を開いて「一般」を開きます。

そしてAirDropの設定があるのでそれをタップ

そして「受信しない・連絡先のみ・すべての人」とあるので[受信しない]か[連絡先のみ]に設定しておきましょう。

すべての人に設定すると被害に遭います。

受信しないに設定しておけばAirDropは利用できないので誰からもAirDropでデータは来ません。

連絡先のみにしておけば知り合いのみAirDropの利用になります。

また、知らないうちにAirDropが[すべての人]に設定されているかもと不安な人は(そんな事はほぼないと思いますがw)端末に表示されるユーザー名も本名以外のものに変更しておきましょう。

こちらも「設定」の画面を開き、1番上にあるApple ID、iCloud…..という所をタップして開きます。

次に「名前、電話番号、メール」をタップして次の画面へ

1番上に「名前」とあるのでそこから名前を編集しましょう。

万が一にAirDrop受信の時にこれで名前は表示されても本名は相手側にバレる事はありません。

AirDrop痴漢の被害は直接身体に触ってくるという事ではありませんが、視覚的、精神的な猥褻行為な上、大切な本名という個人情報を赤の他人の犯人に知られるという大問題にも発展しかねません。

AirDrop痴漢の被害は人口が密集する都会での電車の駅や電車内で犯罪が多いらしいので人口の多い都市で生活・仕事をしている方は注意が必要ですね。

※エアドロップ痴漢は立派な犯罪です!!逮捕者も出ています。悪戯心の軽い気持ちで絶対に行なわないでください!!