仮想通貨とは?仮想通貨の取引所や販売所はどこが良いの?オススメの3つの販売・取引所だよ!

仮想通貨とは?仮想通貨の取引所や販売所はどこが良いの?オススメの3つの販売・取引所だよ!

 

最近になって急激な流行化して来た仮想通貨ですが仮想通貨を知ってる人は随分と昔から仮想通貨を所持して莫大な利益を上げていたのが話題になりましたね。

そんな流行りなので仮想通貨を所持して少しでも利益が出たら面白いなと思い仮想通貨を始めてみました。

仮想通貨ってなんだっけ?

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、デジタル通貨の一種で、開発者によって発行され、通常は管理され、特定の仮想コミュニティのメンバー間で使用され、受け入れられているものを指す。中央銀行などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質が強調される用法もあるが、定義によっては、中央銀行による仮想通貨の発行も必ずしも排除されない。また、仮想通貨に対して、国等が規制を及ぼす動きも進んでいる。    ~~~~‘Wikipediaより’~~~~

※ 仮想通貨は「通貨」と呼ばれていますが国が発行する貨幣とは違うので、国が価値を保証する貨幣とは違います。また「電子マネー」と言葉は似ていますが「電子マネー」とはデジタル化した電子決済サービスの事を一般的に「電子マネー」と呼ばれているので(プリペイド式やデビットカード、キャッシュカード等と連携したオンライン決済等)、仮想通貨とは意味は別ものです。

また、仮想通貨はブロックチェーン技術を利用しているのでものすごい量の取引履歴を保存でき、理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできないとされています。分散型なので一つのサーバーで注文が殺到するとサーバーが重たくなり計算速度が落ちる問題も解決されています。

ざっくりと言いますが、ブロックチェーン技術の応用によって商品の流通経路や企業データの取引や事故報告の改ざんを阻止等、様々なことが可能になります。今後、航空機トラブルの解決や、農業の無農薬栽培のデータの公開、不動産取引に応用されブロックチェーン技術が当たり前の世の中になります。

ブロックチェーン技術のプラットフォーム(分野って言った方がわかりやすい?)に使い道があり、その投資銘柄が仮想通貨の銘柄(1600種類以上あります)になっています。

仮想通貨の取引所や販売所で仮想通貨を手に入れよう!!

仮想通貨ってどこで売ってるの?って思うかもしれませんが仮想通貨はどこかに行って買えるモノではありません。なぜなら現実世界には存在しないのですから。(仮想通貨の実物(偽物)を時価よりも安く売って、「将来高くなりますよ。それを今ならあなただけに格安で販売しますよ」などと言って仮想通貨の実物を販売する詐欺も存在するとかしないとか。だまされないようにね)

仮想通貨の手に入れ方はいくつかありますが、主に知られている入手方法はインターネット上の取引所や販売所通して購入する事ができて、販売所でそのまま購入するもよし、取引所で仮想通貨を持っているユーザーから買うのもよしという方法になります。

※販売所で買うよりも取引所で買った方が確実に安い価格で買えるのと取引所では値段を自分で決めて他のユーザーに売る取引も出来るので取引所での購入の方がメリットが大きいかと思います。

 

販売所はその名の通り企業が販売している窓口です。販売所から直接仮想通貨を購入します。そして取引所ではユーザー同士で売り買いが行われていて時価相場を見ながら売りたいユーザーの価格と買いたいユーザーの価格が同じになれば取引が成立します。その為、時価相場より安くで売ってくれるユーザーがいれば取引所の方が安く手に入れる事ができます。また、販売所では「現在価格」でしか購入出来ません。つまり「今」の値段です。

取引所では注文という形になるので現在価格より安い価格で設定した「買い注文」をする事によって価格が下がって来たタイミングで注文が成立したらより安い価格で入手することができます。逆に売る時も高く設定した注文を入れて売れば高値で売れるタイミングも生まれます。

販売所では「今」の価格で売買になりますが、取引所ではこの先の値動きを予想した価格で注文する事によって「予約」のような形で売買注文をする事が出来ます。

 

なんで仮想通貨の値段が上がるの??

仮想通貨は国の通貨、いわゆるお金とは違い実態もなければ管理している国もないので全て自己責任・自己管理の資産となります。

なんでそんな訳の分からないモノの価値が上がっているの?って思うかも知れませんが、その価格=期待値となって高騰したり下落したりしているのです。「金(gold)」や「株式」と似たようなものですね。

しかし仮想通貨には色々な利用方法も存在します。

仮想通貨の利用方法も色んな国や企業で行われておりネットゲームのポイント(トークンと呼ばれる)と交換してゲームをしてトークンを増やして儲けたり、ショッピングの支払いにそのまま仮想通貨払いが出来たり、最近では国土交通省が仮想通貨の受け入れに乗り出し船舶免許の支払いも利用可能になっています。

仮想通貨の利用方法は発展途上中の発展途上なので今後色んな分野で仮想通貨の利用価値が求められていく事が期待されていますね。

 

肝心な仮想通貨の取引所ですが、取引所ではまず銀行のような口座を開設しなくてはいけません。

取引所での口座開設には携帯電話と運転免許証と住所などの個人情報があれば簡単に開設する事が出来ます。

取引所によっては口座開催時に審査を行いますが落ちる事はほぼないです。

ザイフやビットフライヤー辺りが初心者には利用していて分かりやすいと思います。

 

ザイフは取扱いしている銘柄も多くビットコイン以外も取引所として売買しているので販売所よりも安く仮想通貨を購入できます。また、仮想通貨を売買する時には手数料が取られてしまうのですが、ザイフはなんと手数料がマイナスなんです。(2018年4月現在)つまり手数料で逆に利益となります。凄い制度ですよね。

仮想通貨ではいくつかの利益の上げ方があり、単純な考え方は安く!て高くなったら売る!!というのが分かりやすい王道ですが価格が下がった時にも利益を生む方法があります。株・FXをやっている方ならご存知の空売りする事が仮想通貨も出来るのです。空売りとは先に高い値段で売って後から安く買い戻すという方法で信用取引のひとつです。もっと単純にいうと値段が上がるか下がるかを予想して当たれば儲かるという事です。

ザイフではこの信用取引で最大レバレッジ7.77倍まで(内部取引最大25倍)かける事が出来るのでチャートを見て上がるか下がるかを予想して売買出来る人はザイフで短期売買して利益を出してみるのも良いですね。

ビットフライヤーでは「取引」が行えるのはビットコインのみでその他のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は販売所となっています。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

しかし、ビットフライヤーの魅力はなんと言っても仮想通貨業界内セキュリティ世界一!!と言われるほどセキュリティ面で安心感があるので長期的に見て買ったら数年くらい放置してがっつりと価格が上がるのを待つ!!という専用の口座にしておくと良いですね。

 

価格が上がる理由は「期待値」です。その通貨にどれだけ期待して人気があるのか?が相場に影響を与え価格を決めます。

まだ仮想通貨は知られているけど始める人は少ない業界ですが、仮想通貨に参入する人は確実に増えています。値段が高騰するのも時間の問題ですね。銀行に預けて極小の金利を手に入れるよりも多少利益が出た方が嬉しいですよね。仮想通貨に資産を変えて利益を出して不労所得を得る事で資産をプラスにする事が出来る時代です。

1.まずは仮想通貨を手に入れる為の販売・取引所のアカウント開設(無料)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2.次にお金の入金

 

3.コインを購入して手に入れる

 

この流れがよく知られている仮想通貨の入手方法となります。

取引所の開設だけらなら今はまだ無料ですし、審査基準も今のところ低いのでハードルが上がったり新規参入の混雑や中止が起こる前に先にアカウントを作って気が向いたときに仮想通貨を始めるのも賢い選択だと思うので取引所の開設はお早めに!!