マジ卍。結果、神卍。引っ越し業者は慎重に選ばないとマジ卍。

マジ卍。結果、神卍。引っ越し業者は慎重に選ばないとマジ卍。

明けましておめでとうございます!

マジ卍!

久しぶりのブログ更新です!

 

ブログの更新休みまくりましたねー!最近(現在進行形)は自分でも驚きなくらい忙しさ怒涛のラッシュでした。

1番大きかった行事は引っ越しですかねー??

物件選び、引っ越し業者の見積もり、荷物運び、新しい家具選び、子供の保育園探し…

引っ越しって本当に大変なイベントですね!!

今日は引っ越しの時の荷物運びの引っ越し業者の話をしたいと思います。

引越しするって大変。引っ越し屋さんの選び方って?

引っ越しする時に自分では大きな荷物って運ぶのが大変だったり難しかったり自分の車に乗せるのは無理だ!!って事は少なからず起こると思います。

そこでとても役に立つのがザ・引っ越し屋さん。

手際よく力持ちのお兄さん達がホイホイ運んでくれるアレです。

引っ越し業者もたくさんあるのでどこを選べば良いのか難しいと思いますが、自分は5件くらいの業者さんに見積もりを取って選びました。各会社によってプランや料金制度が違ったりするので、地道に一件一件電話で見積もりを取って行く形になるのですが、しっかり調べた方が損はありません。

今回引っ越し業者を選定する際に行った事と思った事(心の声)を残しておきますね。

まずはネットで調べるのもアリですが、情報を登録すると色んな引っ越し屋さんからメールや電話が掛かってきて、こちらから色々調べなくても自動的に色んな引っ越し屋さんとやり取り出来るサイトがあります。

当然、知らない番号から電話が掛かってくるので少し怖い人は不安なら登録しない方が吉です。因みに優良なサイトなので悪い事は起こりません。

SUUMO引越し

引っ越し侍

登録したら引っ越し屋さんから鬼のようにメールや電話が掛かってくる訳ではなく、割とソフトなペースで掛かってきます。時間にして5〜10分置きにかかってきて自分の場合は登録したのに3件くらいからしか掛かって来ませんでした。

※用意した方が良いよ!!

引っ越し屋さんと電話でやり取りする場合はペンと紙を用意しましょう。もちろん重要な情報のメモを取れるようにです。まずは料金の話になると思うので引っ越し屋さんの提示した料金を忘れないようにメモに残します。

 

自分の場合は冷蔵庫と3人掛けのソファーとテーブルの3つを運んでもらうつもりでした。日付は某月29日と月末を予定していました。

(因みに当り前ですが昨日の今日で引っ越し屋さんの予約は出来ないので2週間前までには電話で探していた方がいいです)

電話で伝える内容は

  • 今住んでいる所と引っ越し先の住所(アパートなら何階かエレベーターはあるか)
  • 依頼する日はいつなのか?

この2点がメインになります。

 

引っ越し屋さんに頼む金額の軍資金は1万円!いざ引っ越し屋さんを探すぞ!!

気合いを入れて引っ越し屋さんとお電話です。

(と言っても比較サイトに登録したのでがこっちから掛ける訳ではないのですが^^;)

 

引っ越し業者見積もり開始!どうなる運命の見積もり!?

まずは一件目の引っ越し屋さんは荷物の重量的に人数を2名派遣するので25,000円の見積もりになりますと言われました。

いきなり死の宣告

軍資金1万円くらいで考えていたので1発目からとんでもない見積もりになってしまい、先が思いやられました。

が2件目の引っ越し屋さんは、それくらいなら18,000円になります。との事。

いきなり値段が急に下がりました。

それでも目標額(というかそんなにお金持ってないから)の軍資金にはほど遠い。でもこれは安い引っ越し屋さんはトコトン安いのでは??と疑問が浮かび、2件目の引っ越し屋さんには他にも調べてみたいのでと保留という名の丁重にお断りして電話を切りました。

3件目の引っ越し屋さんには『今のところ1番安いのは18,000円で良いって言われているんですよー』とふっかけてみました。自分なりに3件目には少し賢いやり取りができるようになっていました。

そうすると、なんと3件目の引っ越し屋さんは15,000円で良いとの事!!

最初は25,000円と言われていた費用がなんと1万円も落ちました。

引っ越し屋さんの見積もりってどうなったんだよ?と益々疑問が増えましたが安いに越した事はありません。

因みに自分は値段にピントを合わせて選んでいますが、対応が良いとか丁寧とかサービスが良いとかそういうので選びたい人は口コミとかその引っ越し屋さんのウェブサイトをしっかり調べた方が良いです。

自分の場合は軍資金の問題で料金格安一直線に迷いはありません。

そうです。

迷いはないんです。

なので3件目の引っ越し屋さんも軍資金には到底たどり着いていないので丁重に保留という形のお断りをしました。

結局比較サイトに登録したのに電話が鳴る気配がなくなりその日は終わってしまい、まさかの見積もり2日目に突入となりました。

 

2日目

結局自分で引っ越し屋さんを探す事になり、業界大手の引っ越し屋さんに電話をしてみるとコールセンターの慣れた口調で見積額26,000円。

上がっとるし、超えとるし。

今のところ15,000円が1番安くて料金の安い業者さんにお願いしようと思っている旨を伝えると、コールセンターのお姉さんが上の方に確認をしてくれて14,000円まで値段を落としてくれた。大暴落。

本当に引っ越し屋さんの見積もりってどうなってんの?オークションか?となんだかボッタクリを回避した気分になり取りあえず丁重に保留にしておきました。

なぜか電話を掛ければ掛けるほど値段が下がっていく謎のシステムみたいです。怖い…

引っ越し屋さんの料金システムに不安を抱えながら色んなウェブサイトを見ていると年末年始、年度末、月末(20〜31日)は引っ越しする人が多い為値段はあまり安くならないみたいです。

先に知りたかった情報。

日本の皆さんこの国では引っ越しは月の初めに出来るならした方が安いみたいですよーーーー!!!

と叫びながら他のサイトも見てみると今なら新生活応援グッズプレゼント!などキャンペーンもやっている引っ越し屋さんもありました。自分はそんなグッズいらんから安くしろよ派の派閥だったのでピンと来ませんでした。

そして色々調べていると今までの見積もりの常識を覆す引っ越し屋さんを発見しました。

なんと料金プランが既に決まっていて爆安という引っ越し屋さん!

3点大物なら@@円や小物5点で@@円など電話しなくても値段がほぼ知れて解りやすく安い。なんて日だ。

この引っ越し屋さんのサイト上ではなんと自分の運びたいものは8,000円!!!

まじか!!??なぁんて日だ!!

すぐさま電話を掛けて予約しました。

そしたら月末でも値段はこの値段で良いとの事だが、運ぶものの正確なサイズを知りたいのと冷蔵庫は何リットルの大きさの規格なのかを伝えなければいけず、冷蔵庫が自分の場合少し大きかったので予定の8,000円ではなく10,000円となりました。

なんとそれでも軍資金でピタリ済みます。軍資金をオーバーしたら1ヶ月は昼飯抜きの生活も頭によぎりましたが救世主が現れました。

マジ卍。これ神クラス。

神卍。

依頼したい日も空いていたので予約しましたが、時間の指定は出来ず前日に予定時間を伝えてくれるシステム。安いのでそんなのどうだって良いですよ。何時でも合わせますよ。

 

とそんなこんなで引っ越し屋さんは決まりました。

最高値 → 26,000円

最安値 → 10,000円

こんなに差が出るんですね(..)

結論

結果、自分で調べた方がええやん的な感じになってしまいましたが、引っ越し屋さんを選ぶなら何件も多くの業者さんに電話して見積もりした方が絶対的にお得です。一件だけだとボッタクリに会いますよ。

 

 

後日

…見積もり開始から1週間が経った頃…

ブブブ

携帯のバイブがなり知らない番号から電話が

取ってみるといつかの引っ越し屋さん(見積額25,000円)

『〇〇配送でーす。あの後引っ越し屋さんは見つかりました?その後どうですかー?』

親切なんだけど…

…親切なんだけど…

…もーいいよ!!笑