【進撃の巨人(ネタバレあり)】※読みたくない人は読まないで!【動画サイト】動画は気ままにYouTubeでアニメ見放題。

NO IMAGE

最近、久しぶりにアニメが見たくなって『進撃の巨人』を見る事に。
『進撃の巨人』のアニメは4年くらい前に見終わっていたと思っていたら、“season2“が出ていたので早速見る事に。(遅)

f:id:koalion0105:20170805082553j:plain

『進撃の巨人』は漫画少年マガジンで連載し、諫山創の代表作であり、人を襲い人を喰らう巨人から人々が生活する壁に囲まれ、守られた世界で巨人から壁の外の世界の土地を奪還する、人も巨人も動物も地獄絵図のようによく死ぬスリル満載なダークファンタジーです。

ここからネタバレの可能性あるので進撃の巨人を見た事無い人は読まないで下さい

『進撃の巨人』のseason1では主人公エレンが開始早々に巨人に食べられて死ぬという、まさかの主人公が死ぬという初めて見た人には『あれ?』じゃあ誰が主人公なんだ?と誰も彼も死んでいく希望もないような恐怖の映像だらけで衝撃的でした。
と思ったらエレンが巨人となって復活して形勢逆転劇。と思ったら襲ってくる巨人達の数の暴力により勝ち負けは微妙。
更に社会的な事情によって主人公のエレンが巨人で人類の味方であるという事は受け入れてもらえない…

主人公の幼なじみのアルミンの機転によって数々のピンチを乗り越えているが、【希望】より【絶望】の方が割合で言うと多く見られる衝撃的なアニメ。

season1ではそれから、かくかくしかじかあって女型の巨人が現れて巨人化エレンと対決して女型の巨人を捕獲…

でseason1は終わり。season1では【得たもの】よりも【失ったもの】が多すぎる衝撃の数々&エレンと同期の104期にもこいつ巨人では?という謎を残したままseason1終了。

season2が始まり、壁の中で巨人が多数発生して調査兵団の一部の班が窮地に追いやられる。そこで104期のユミルが巨人化して仲間を守るも巨人の餌食に、そこで間一髪の所で調査兵団の主力部隊が到着で危機は救われたが、そこでライナーとベルトルトがエレンに自分たちは巨人であり、壁を壊した犯人である事をネタばらし(急に言うね)

そこから自体は急展開でライナーとベルトルトの鎧の巨人と超大型巨人の力で調査兵団の主力部隊はほぼ壊滅状態&エレンとユミルはライナー達に連れていかれる…

season2では展開がseason1に比べ、早く感じました。
そしてなによりも『画力』がさらにアップしていて綺麗になっていました。女性はより女性らしく描かれています。
season1では女性なのか男性なのか分からないキャラもいるくらい分かりにくかったのに。
進撃の巨人は漫画になると、作者の絵が下手なのかキャラクターが誰なのかよく分からない事が多かったので、進撃の巨人はアニメ派です。

ちなみに『進撃の巨人』のアニメはこのサイトから見ています。

気ままにYouTube

スマホで見る時はブラウザ内でスマホ表示よりPC表示にすると見たい動画検索がしやすくなります。