購入時には注意が必要??【フルフェイス型シュノーケル】『トリボードEasybreath』

NO IMAGE

3ヶ月くらい前までの寒さが嘘のように暑くなってきましたね!

海に出かけるにはピッタリの季節がやって参りました!

海に行くとマリンスポーツがやりたくなってきますよね!?

2年ほど前からシュノーケルに新しい器材が出ているのをご存知だったでしょうか?

フルフェイス型のマスクのシュノーケルが出ていたんです!

何?

知らなかった??

 

 

そんなあなたに新しいシュノーケルを紹介しますね!

 

f:id:koalion0105:20170626192001j:image

f:id:koalion0105:20170626192014j:image

 

『トリボードEasybreath』

鼻からも口からも呼吸が出来るようになっている為、陸上での普段の生活と変わらず呼吸が出来るようになっている。今までのシュノーケル用のマスクよりも視界が広くなっているので、より水中のみならず世界を楽しむ事が出来るのである。

 

最近、沖縄の海でもこれを使って泳いでいる方沢山見かけます。

でもこれ買って新品の状態だと注意しないといけないのが【レンズがめっちゃ曇る】ということです。(※海に入る前に曇り止めを塗っても曇ります)

『前が見えんわ!!』と言ってマスクを外してマスクを投げつけたくなります。

 

商品の紹介文に【曇り防止機能】等と記載されているらしいですが、これだけのマスク内の容量に自分の吐いた息がある程度溜まれば水温との温度差でかなり曇りやすくなります。

 

新品の状態だとこうやって曇り易いです。

いくら曇り止めを塗っても曇ります。

ではある程度使えば曇らないのでしょうか?

ある程度とはどのくらいなのでしょうか?

 

ある程度使っても残念ながら曇るレンズは曇りやすいです。

 

これは全てのシュノーケル用のマスク、ダイビング用マスクにも当てはまります。

購入時には新品のマスクには製造過程でシリコンオイルが付着し、油膜となってしまいそれが曇る原因となります。

 

この油膜を取るには洗剤でゴシゴシ洗うだけではなかなか落ちません。

 

歯磨き粉など研磨剤の入った洗剤を使ってレンズを指でゴシゴシ擦ると落ちやすいです。

冷たい水で洗い流すのではなく、ぬるま湯で洗う方が油膜は落ちやすくなりますね。

研磨剤入りの洗剤で1回洗ったからといって、すぐに曇らなくなる訳ではないので何回も念入りに洗いまくりましょう。(かなり面倒くさいですが念入りに20分くらい時間はかけて洗った方が良いです)

 

いざ楽しみにしていたキレイな海の景色が一気に台無しになってしまわないようにしっかりと準備をして海に入る前にはマスクのレンズには曇り止めを塗ってから海に入るようにしましょう。